読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モリスルビー銀座店 ブログ

銀座並木通りにあるミャンマー産天然無処理ルビー専門店

竹花万貴先生の作りの道具を見せていただきました

タガネと言われるジュエリーの道具です。

鉄の棒ですが、一つ、一つ作業に合わせ職人さんがみずからつくっています。

作品を作りながら、作品を作るための道具もつくる。

妥協なき挑戦の積み重ねです。自分の頭の中で描いた世界。もっとこういう感じにしたいなを諦めない。そして道具も生み出し、『ないなら作る』

という感覚。

物作りを好きな方はわかるはず。ないなら諦めるではなく、ないなら自分で作るのです。

 

f:id:morisginza:20170119232240j:image

自分の指先のように。

f:id:morisginza:20170119232232j:image

 f:id:morisginza:20170119232252j:image

突き詰めて生まれた作品は

繊細さと、緻密さ、存在感があります。

 

f:id:morisginza:20170119232303j:image

 

竹花万貴先生をご紹介

竹花万貴
彫金作家

Maki TAKEHANA
Artist


プロフィール

彫金作家、日本刺繍作家、仕覆作家

1968年 代々木デザイナー学院ジュエリーデザイン研究科卒業
1980年 個展「骨董ジュエリーの試み」銀花ギャラリーこの時、染色家久保田一竹氏に出会い 2003 年まで、氏の装身具などの製作にたずさわる
1981年 青山金工教室にて浅井盛征氏に師事 同年クラフト展入選
1982年 個展「骨董ジュエリーの試みⅡ」銀座松屋
1984年 日本ジュエリー展入選
1988年 古典「印象・能」ギャラリー三幸
1990年 三人展「モディフィー 自然からの転生」オリンパスギャラリー
1992年 個展「夢環・モノトーンジュエリー」
1994年 浅井盛征氏主催「つくりべ」入門
2001年 第30回伝統工芸日本金工展初入選「つばめ、かたつむり」
2003年 第49回伝統工芸展初入選「かまきり」
2006年 第53回日本工芸展入選「さざえ」
2007年 個展「彫金帯留めによるーわが身より あこがれいずる」銀座ミキモトホール
2013年 銀座モリス展覧会
2013年 個展「ジャポニズムに想うー竹花万貴の世界 彫金帯留と日本刺繍帯による」銀座ミキモトホール

 

ぜひこのお楽しみください。

 

www.morisruby.com